【重賞展望】朝日杯フューチュリティS(GⅠ)

シェアする!

ブラウザがクラッシュして書いた内容が吹っ飛びました。
心折れたので簡易更新です、すみません…眠い。

第71回朝日杯フューチュリティS(GⅠ)

阪神は前有利でもパワーが要る。
外外は物理的に厳しい。
程よい器用さも。

朝日杯フューチュリティSの印

◎ペールエール
鞍上強化。丁寧に乗るでしょう。
内枠に入ったこと、前にビアンフェがいるであろう展開。
直線入って前をパスして持続力のある脚なら。
の、外から差されそうですが。

○サリオス
とにかく好調のようですね。
少頭数経験しかないのがどう影響するか。
前に行けて脚使えるので揉まれ過ぎなければ。
能力は高いので。

▲ビアンフェ
1200が主戦の馬ですが、今の馬場なら残るかも。
キズナ産駒はパワー型だと思っています。
軽いけど力の要る今の状況は向きそうです。
垂れるけど粘って3着的な。

★ウイングレイテスト
前走関西遠征で2着と経験積めたのが良い。
内側を縫うように脚を使うという、
やること決まっているなら良いと思います。

△ラウダシオン
大外なのは痛いが前走あの不良馬場を外から差し切る。
能力の高さを示したと思います。
リアルインパクトは仕上がり早そうですし早い時期から。
前走に比べれば楽に走れそう。

そのほか、トリプルエースタイセイビジョンあたり。

◎○から3連複、馬連あたり。内枠かワイド等。
あとは直前気配で上げ下げです。

以上、日曜重賞の展望でした!

最近ランキングに参加し始めました。

最強競馬ブログランキングへ
よろしければ気持ちばかりのクリックをお願い致します(^^)