【重賞展望】菊花賞(GⅠ)

シェアする!

先週からGⅠが続きます。と同時に有力な外国人騎手が来日。
土曜はスミヨン騎手が富士Sで早速連対。
狙い所は朧げながら見えたので上手くお付き合いしたいです。
決して「外国人ジョッキー=走る」ではないですからね。
さて本題へ。

ちなみに…最近仕事が多忙なため、しばらく簡易更新とします。
ご理解頂けると嬉しいですm(_ _)m

第80回菊花賞(GⅠ)

土曜のレースを見る限り重たい。
ただ雨も止んで回復すると思うので多少は戻るでしょう。
しかし台風の中で開催されたことで決して軽くならないんじゃないかと。

メンバーをザっと見て、思いのほか抜けた存在がいない。
唯一クラシック全レースで善戦しているヴェロックスくらい。
秋華賞と同様、上位厩舎(と一部外厩)を除いて関東馬不利のレース。
どんなに能力があっても準備で差がついてしまう時代だと念頭に。

菊花賞の印

実際には直前で決めますのであくまでも参考までに。
◎ヴェロックス
馬券圏内に来るという意味で◎です。
中内田&川田の鉄板コンビですがGⅠになるとなぜか勝てない。
けど今回は相手も大したことない、チャンスっちゃあチャンス。
○サトノルークス
皐月賞の大敗以来人気を落としがち。
軽さを求められない馬場ならいける。
嫌われるセントライト記念組みですが、菊花賞で活躍できていないのは関東馬。
関西馬のセントライト→菊花賞で見ると…??
人気薄の上位厩舎で地元で走れるなら一考の余地あり。
▲カリボール
母レイアズアンドコールの仔は基本短距離。なので長い。
ラッキーなのは内枠に入ったことと軽くない馬場。
鞍上が心配ですが、紛れがありそうな今年なら。
★レッドジュニアル
前走の負け方が良い。京都で走れるのも良い。
活躍するのはいつも2走目。ポイントは前走から変わった外厩先が合うかどうか。
△ザダル
関東馬ですが一度外厩に短期で出して調整。
ワンパンチ足りないの折り込み済みで調子だけで。
△ワールドプレミア
△シフルマン

ニシノデイジーは買わない予定です。
絶好調でしょうし鞍上配置も完璧。
しかし他と比較して準備で2段階落ちなのも事実なので下げる。
谷川牧場は応援しているのですが〜。

◎から馬連かワイドを基本…のイメージですが馬場状態次第。
もしくは、◎以外の単複なんてのもアリかもです。

以上、日曜重賞の展望でした!

最近ランキングに参加し始めました。

最強競馬ブログランキングへ
よろしければ気持ちばかりのクリックをお願い致します(^^)