【重賞展望】ユニコーンS & 函館SS

シェアする!

今日は明け方からなかなかヘビーなニュースがありました。
競走馬のサプリメントに禁止薬物 15、16日の中央競馬で156頭が除外に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190615-00000006-mai-horse

出走まであとわずかというタイミングで取消はさすがになかなか…
この手の出来事は関係者の信頼喪失はもちろん、加速度的にファン離れとなる可能性ありますので、ぜひ原因究明と再発防止してほしいです。

第24回ユニコーンS(GⅢ)

GⅢ格の世代限定重賞ですが、個人的には中央版3歳ダートGⅠみたいな位置付けです。
ここで負けた馬たちも上位クラスで活躍する傾向にある高レベルレース。
だからこそ人気する馬が本当に強く馬券的には堅い結果になりがち…
なんて勝手に思っています。

今年はどうか?というと2頭強いと思われる馬が。
ポイントは今回走れるかどうかですね。

デアフルーグ
デビュー依頼常にブルーS1走目。前回負けた経験が活きるはず。
最内枠からの解放も良いかもしれません。加点要素が多い。

ニューモニュメント
好走しても人気しない注目されない、でももう一回走る。
そんな馬券期待値の高い馬です。
デュープロセスに肉薄した昇竜Sと同じ3走目。
常に高レベルメンバーと戦ってきたのも良いですね。

デュープロセス
強く良い馬ですが今回が初の2走目。最内→大外でしっかり勝ちきって今回はどうかですね。前走で楽していると今回は苦しいかもです。
3連系なら買うけど2着までがどうか、なら僕はネガティブに考えています。

ユニコーンSの印

実際には直前で決めますのであくまでも参考までに。
◎ デアフルーグ
○ ニューモニュメント
▲ ヴァニラアイス
★ ヴァイトブリック
△ デュープロセス
△ アシャカトブ


買い方は馬場次第。◎から絞って流すつもりです。

第26回函館スプリントS(GⅢ)

例の薬物事件で6頭除外という…サラッとだけ。

ダイメイフジ
何気に近走高レベル経験者。馬体が戻っていれば。
初洋芝がどうか、ですが他の高レベル馬が除外なので相対評価で。

ペイシャフェリシタ
今回1走目。重馬場実績、札幌の洋芝実績あり、と加点要素多い。
基本ワンパンチ足りないので勝ち切るかはどうかも連下なら大アリ。

アスターペガサス
函館実績ありなのは良い。
ただ天気悪そうなのでかなり重たくなるとどうでしょう。
3走目で走り頃だと思います。

タワーオブロンドン
ついに待望のスプリント路線。
しかし58kgというハンデが馬場が重たくなるとより足枷になりそう。
ただ2走目、北海道の藤沢厩舎は走れる。

函館スプリントSの印

実際には直前で決めますのであくまでも参考までに。
◎ ダイメイフジ
○ ペイシャフェリシタ
▲ アスターペガサス
★ タワーオブロンドン

買い方は天気次第。◎か馬連のイメージです。

シルクHC:2019年度1歳募集馬所属厩舎と価格発表

突然の厩舎とか価格発表となりました。
ここまで発表されればあとはカタログ待ち。
馬体を見てみたいと思う馬が何頭いますので楽しみです。

以上、日曜の重賞の展望でした!

最近ランキングに参加し始めました。

最強競馬ブログランキングへ
よろしければ気持ちばかりのクリックをお願い致します(^^)