【雑談】今週のあれこれ vol.14

シェアする!

今週も雑談更新です。日本ダービーの結果について少しだけ。

日本ダービーを振り返って

東京優駿(日本ダービー)の展望です!走れそうな馬は??
カトックの競馬だって継続は力なり!

想定よりさらに軽い馬場でした。
先週のオークスもそうでしたがディープ馬場でしょうか。
しかし将来を見据えるなら興味深いレースでもありました。

ロジャーバローズ
浜中Jおめでとうございます!これで好転すると良いですね。
リオンリオンをいかせて2番手追走の絶好ポジション。
この早く軽い馬場もあり全てが噛み合ったと思います。
2走目でも走れるので問題なし。
なお飛野牧場生産のNFしがらき育成馬です。

ダノンキングリー
1000m58秒を切る早さで縦長になり末脚活きる展開に。
色々噛み合った気がします。
やはり世代戦は極端でなければ距離不安は二の次かもですね。
将来は1600-20001くらいかもしれませんね。
なお本馬は三嶋牧場のNF天栄育成馬です。

ダービー1〜2着馬の育成はNFなんですよね。
NF生産がどうのこうの、ではなく育成方法が重要だと思います。
様々な検証を重ね、一貫して強い馬作りを心がけていると思うと、すごいなあと尊敬します。

ヴェロックス
これはよく頑張ったと思います!
正直縦長になった時点で厳しいかなと思ったのですが、
長く良い脚使ってサートゥルナーリアより1つ上の着順に。
在厩調整(しがらき3走目)で強めの調教で+8kgなので状態もしっかり上げてきていたと思います。
適度に間隔あけて使えれば長く高レベルで活躍しそうです。

サートゥルナーリア
スタートの出遅れでいきなりキツくなりました。
レース前も歓声を機にするような素振り。
気性に不安があるタイプかもですね。
とはいえ全く向いていない展開で4着なので強さは本物でしょう。
これで過剰人気から解放されるなら楽しみです。

ニシノデイジー
完全非ノーザンでは最先着。
走れないタイミングだと思ってましたがここまで来るとは。
どこかで再び重賞勝ち負けする馬でしょう。
追いかけます。

その他気になる馬を。

クラージュゲリエ
昨日まではこの馬とヴェロックスのワイドで当たると思ってました(笑)
プラス体重を見てネガティブな意味で「あ!」と。
それでも6着なのでこちらも能力高い馬です。
追いかけて損ナシだと思います。

レッドジェニアル
3走目がこたえたかもしれません。2走目まで狙い頃。
上がり2位で駆け抜けているので能力高い馬だと思っています。
今年の京都新聞杯は後に繋がりそうですね。

エメラルファイト
2400mを先行した経験は必ず活きるはず。
1600m〜2000m辺りで見たいです。

シュヴァルツリーゼ
クラシックなのでこのようなローテーションだと思うのですが、1〜2走目が走り頃だと思います。
弥生賞で能力の片鱗は見せているので、どこかで大きな成果をあげるはず。

少しだけまとめ

先週に引き続きディープインパクト産駒が活躍する軽い馬場。
適性外の馬たちは次走以降注目です。
もしかすると来週も続くかもしれません。
そうするとアーモンドアイに向くかと言うと…さてさて。

今日はここまで!ご覧いただきましてありがとうございました!

最近ランキングに参加し始めました。

最強競馬ブログランキングへ
よろしければ気持ちばかりのクリックをお願い致します(^^)



コメント

  1. 念仏の鉄 より:

    更新お疲れ様です!
    いつも記事を拝見するのを楽しみにしております。
    VMから馬場が完全にディープ産駒に有利な馬場が続いているように感じますね。
    過去1番人気複勝率が70%あるなかで買い目の点数を広げにくい中で、やはりダービーは
    独特なのでしょうね乗り替わりうんぬんのジンクスは生きてましたね。
    ダミアンは長距離が?との噂もありましたけどきっちり12Rを勝ちきるあたりさすがだと
    思います。
    勝ち馬は1枠、ディープ産駒と分かっていたにも関わらず鞍上で嫌ってしまいました。
    生産牧場もNFではないけど馬主は東京、育成はしがらきプラス古い格言で「同一厩舎の
    2頭出しは人気薄を狙え!」
    まあ結果論ですね><
    安田記念は海外帰りのアーモンドアイの取捨がキーポイントですね。

    • カトック より:

      いつもコメントありがとうございます(^^)
      「軽い馬場が生み出すレースの質がディープ向き」という感じかもしれませんね。
      来週にかかわらず馬場読み必須だと思います。
      今年の安田記念はハイレベル古馬達が集まるので面白そうですね〜