【重賞展望】第36回フェブラリーS(GⅠ)

シェアする!

土曜日の京都牝馬S(GⅢ)は友人が出資しているデアレガーロが勝利!前走より馬体重+32kgと字面だけ見るとビックリかもですが、この2戦が減ってたこともあり、むしろ馬体増でバッチリ。バドック見る限り完全に実になってました。馬券は単複ゲット。これからが楽しみです!

さて日曜日の東京メインは2019年1発目のGⅠ競走!14頭とフルゲートではないものの話題性のある馬たちが揃いました。文字通り注目の1戦かと!

走れそうな馬は??

と、その前に土曜日の府中ダートの脚質を。

カトックの競馬だって継続は力なり!

クラス関係なく逃げ馬が馬券圏内に残っていました。そういう馬場なのかどうかと言われると、展開要素の方が大きい気がします。つまり逃げ馬放置の展開だと後ろは厳しいかもですね。流れるレースになれば、でしょうか。

有力馬の皆様を見ると「馬は走れる」と思います。鞍上含め関わる周辺の流れが良くないと思っています。ということはカッチリ噛み合ったとすれば、非常に堅い結果になり得るとも思ってます。そんなバックグラウンドを仮設としつつ走れる馬を。

狙いたい1頭はモーニン。石坂厩舎はダートであれば1〜2走目でも成績に差がない厩舎力があり、モーニンがフェブラリーSを勝った時も2走目。根岸Sの脚を見る限り調子戻してきた感がありそう。内枠から少し外目配置なのも良いと思います。あとはインティ次第。

チャンピオンズカップ3着のサンライズソア。全頭短評でも書いた通り2走目の方が理想です。ただ前走かなり頑張ったと考えれば期間を空けたのは良いかもしれません。見えない疲労ってやつです。軽視しようと思ってたのですが調教映像を見て(素人ながらに)良さそうに見えましたので評価上げで。前に行けるのも良いです。

展開を握ると思っているのはサクセスエナジー。2019年の北出厩舎のダート成績は13頭走って4勝と勝率30%で絶好調。ピンかパーだと思いますが人気無いので妙味しかないと見て。しれっと前で残る展開を加味して。

そして、これらから人気馬たちへ…というイメージです。
インティは揉まれたらアウトですが、放っとかれたらそのままいっちゃうかもです。インティは突然変異種だと思っているのであまり傾向に当てはめない方がいいかななんて思ったり。
ゴールドドリームは適性バッチリ準備もバッチリですが今は鞍上がイケていないこともあり勝ち切るイメージが無いです…が3着にはいそうなイメージ。
コパノキッキングは距離長いものの外枠、差し馬展開に向いたらわかりません。もし荒れるならこの馬が馬券に絡むか掲示板にいそう。

もう1頭選ぶならサンライズノヴァ。走れる1走目で走れず余力残しで本番へ。小倉開催中のサンライズと言えば…

フェブラリーSの印!

印と買い方を考えてみます。
実際には直前で決めますのであくまでも参考までに。

◎モーニン
○サンライズソア
▲サクセスエナジー
★インティ
△ゴールドドリーム
△ユラノト
△コパノキッキング


◎○からワイドで拾いにいきたい。本音はパドックまで見て上げ下げしたいところです。また▲の複勝とか(笑)
当日のパドックや返し馬次第で入れ替わる余地あるので参考までに!

以上、フェブラリーSの展望でした!

最近ランキングに参加し始めました。

最強競馬ブログランキングへ
よろしければ気持ちばかりのクリックをお願い致します(^^)