【考察】第63回ホープフルS(GⅠ)の登録馬を見てどう思う??

シェアする!

さて、中央競馬は既に終了した感満載なのですが、もう1開催。
実は朝日杯より実力馬が揃ったかも疑惑、ホープフルSです。

個人的に、年末年始は地方競馬の稼ぎどころとして中央開催は自重、
でもいいんじゃないかなあと思っております。

ちなみに、僕自身12/28まで(今の所は)仕事であり、
前日12/27に忘年会もあるので直前予想はほぼ無しです。
よってホープフルSに関する記事はこれが最初で最後だと思います。



第35回ホープフルS(GⅠ)

2018年最後のGⅠは2歳重賞のホープフルSです。
去年からGⅠに昇格、それにより出走馬レベルも年々上がりそうです。
芝2000mでクラシックに繋がる、何よりGⅠ勝ちの称号を得られる。
出走するのに十分な材料が揃っています。
変則開催がどうなのか、くらいでしょうか。

現時点で回避予定なのは
クリノガウディー(シンザン記念)
コパノマーティン(シンザン記念)
ハギノアップロード(福寿草特別)
こちらの3頭。
※全頭短評は割愛します。

全頭短評!

アドマイヤジャスタ
おそらくNFしがらき1走目。
前走出遅れながら道中自ら上がっていって差し切る強いレース。
1走目なのでしっかり走れると思います。
朝日杯を勝ったのがアドマイヤマーズですし、
久々にアドマイヤの名が轟く世代なのかもしれませんね。
シャスタウェイの現役を思い出すと古馬になってから大成したので
先々も楽しみな1頭かと思います。

キングリスティア
おそらく山岡トレセン2走目。
僕の中でマイナー外厩扱いだった山岡トレセンでしたが戦績を見て格上げ。
ちょいちょい穴を開けているので注目しています。
新馬戦は逃げながら上がり最速で2着と0.8秒差の圧勝。
河内厩舎の山岡トレセン2走目は走れます。
懸念は、新馬戦がスローであったこと、ベルシャザール産駒はダートの方が成績良い、でしょうか。

コスモカレンドゥラ
ビッグレッドF鉾田1走目。
いかにも穴を開けそうなウイン馬。
仕上がり早いマイネル軍団ですので走れないことはないと思います。
ノヴェリスト産駒の12月成績がなかなかにボロボロ。
冬に弱い種牡馬?と仮説を立てているので僕は軽視。

サートゥルナーリア
おそらくNFしがらき1走目。
エピファネイアの半弟、牡馬に出ると活躍するシーザリオの仔。
この馬が世代最強なのか、注目されている感じでしょうか。
半兄リオンディーズが朝日杯を勝っているのでこの時期でも走れそう。
そして1走目で挑め、鞍上も配置し、準備万端です。

ジャストアジゴロ
おそらく山元TC1走目。
走れるタイミングだと思いますがコスモカレンドゥラと同様に
ノヴェリスト産駒なので僕は軽視しようと思います。

タイセイモナーク
おそらくNFしがらき4走目。
結構使い詰めているので本当に出るのでしょうか。
休ませた方が良い気がします、と思いつつ…

タニノドラマ
おそらくチャンピオンズF2走目。
デビュー戦それなりに仕上がっていたと思います。
全兄も2歳〜3歳時に活躍していたのでタイミングかもしれません。
チャンピオンズFというとダート馬を輩出するイメージ。

ニシノデイジー
おそらく西山牧場阿見分場2走目。
東スポ杯の展望記事で「実はすごく強いかもしれない」と評価してました。
今活躍しているハービンジャー産駒同様、内を突いて馬群を捌けます。
2走目がどうか気になりますが、突然変異系強者には関係ないかなと(笑)
もう1点懸念があるとすれば、芝の大レース経験が乏しい厩舎。

ハクサンタイヨウ
おそらく在厩調整。
自己条件で見たかったですね、準備で3段落ちくらいなので軽視。

ヒルノダカール
おそらく小松TC3走目。
半兄にウインガナドルがおり重賞実績のある血統です。
前走の未勝利戦、前々走の新馬戦も良いレベルのレースでした。
出走予定馬を見渡すと厩舎力で1段階落ちてしまうかなという印象です。

ブレイキングドーン
おそらく大山ヒルズ3走目。
この2走で合計36kgの増加と成長なのか食い過ぎなのか。
外厩特徴から3走目なのは悪くないです。
馬体を増やしながら好走し続けるのは強くなっている証。
高昭牧場と言えばメイショウマンボ、マイネルハニー等の
GⅠ級、重賞級の馬を輩出しています。
ノースヒルズではなく代表のご親族名義でしょうか。
こういう馬が有力馬を倒していくとまた時代が進む気がします。

マードレヴォイス
おそらくディアレストCE4走目。
ここではないと思いますがどこかで穴を開ける馬だと思います。
できれば1〜2走目で見たかったです。

ミッキーブラック
おそらくNFしがらき2走目。
前走狙っていたのですがスパイラルカーブが苦手なのか伸びきれず。
2走目でも走れると思いますがどちらかと言えば1走目の厩舎。
中山に戻るのは良いと思うのでスタート決めて前々の競馬で。

ヴァンドギャルド
おそらくグリーンウッド1走目。
前走ではニシノデイジーと同じ末脚で3着。
今年の社台ディープ産駒は一味違うのかもしれません。
デビュー時と外厩先が変わっても好走しているので、
環境の変化に対応できる強いタイプなのかも。

現状で気になる馬は?

おそらく1倍台の人気になるサートゥルナーリアは走れるでしょう。
その他だと…
成長著しいブレイキングドーン
たぶん今の中山はバッチリ合いそうなニシノデイジー
しっかり逃げられればキングリスティア
差し届くならヴァンドギャルド

あとがき!!

ホープフルSが終われば翌日には東京大賞典です。
先日WINSではサンスポが東京大賞典の号外を配っておりました。
師走の大レースもあと少し、最後まで楽しみたいですね。

あ、いまだ閲覧数の多い外厩記事、リンク貼っておきます。
リンクはこちら!
外厩記事その1
外厩記事その2
外厩記事その3
外厩記事その4

以上、ホープフルSの全頭短評でした!

最近ランキングに参加し始めました。

最強競馬ブログランキングへ
よろしければ気持ちばかりのクリックをお願い致します(^^)

Sponsored Links