【重賞展望】第23回東京スポーツ杯2歳S(GⅢ)

シェアする!

土曜は注目の2歳重賞!簡単に見ます。



第23回東京スポーツ杯2歳S(GⅢ)走れそうな馬は??

今週から東京芝はCコースに変更。去年のこの時期のCコースで逃げ残りはほとんどなく、今年だと勝ち馬は少ないものの馬券には絡んでいる、そんな傾向です。そして直線の長い府中なので、上がり性能はもちろん必要。

今年の2歳戦はこの1〜2年と少し異なっている点があります。それは社台ファーム産ディープ産駒の活躍です。ほぼ同じだけの勝率、複勝率を残しており絶好調です。そしてこのレースにも3頭いますね。果たして走れるかどうか。

人気どころのヴェロックス、前走はドスローで前に行かれたカテドラルを差しきれず。今回は鞍上変わって勝つ気満々(のように思う)。本馬にとって外厩明け1走目は走り頃。ジャスタウェイ産駒の東京成績が思いのほかイマイチですが、そこは期待を込めて。東京の金子さんは走りますし堅実に買うなら軸で。

期待を込めてアガラス、イストワールファムも所属する古賀厩舎です。と言うことは当然ながら1走目が狙い所なので今回です。今年の札幌2歳Sのレベルは高いと思っています。そこで2着のナイママと差の無い走り、舞台設定は東京の方が良いと思うので人気も手頃なら。懸念は前走「逃げちゃった」ところ。人気的に期待値は高いです。

社台ディープのダノンラスター、こちらは山元TC1走目とバッチリ&鞍上継続騎乗。先週日本のGⅠ初勝利と勢いあるのも良いですね。ラスト3Fではなく4Fで良い脚使えるのも東京向きです。今年はちょっと違うぞ、という勢いを見せて欲しい。

その他では、ヴェロックスを負かしたカテドラルア、実は凄い強いかもしれないニシノデイジー、タイミングではないですが個体の強さを評価しルヴォルグあたり。

馬券はどう買う??

印を付けてみます。
◎ ヴェロックス
○ アガラス
▲ ダノンラスター
★ ニシノデイジー
△ カテドラル
△ ルヴォルグ

◎▲から馬連のイメージ。あとは今日の馬場次第。
最終的には馬場とパドックまで見てどのように絞って買うのか、考えたいと思います。

最近ランキングに参加し始めました。

最強競馬ブログランキングへ
よろしければ気持ちばかりのクリックをお願い致します(^^)

以上、東京スポーツ杯2歳Sの展望でした(^^)
Goodluck!!

Sponsored Links