【重賞展望】第66回神戸新聞杯(GⅡ)

シェアする!

今週は暦的に3連休ですが中央競馬は土日開催です(ようするに普通)
そして日曜日は2重賞!本記事では世代限定重賞を!



第66回神戸新聞杯(GⅡ)

出馬表はこちら!

ダービー馬、皐月賞馬、ホープフルS馬、と10頭中G1馬が3頭。その他重賞勝ちに重賞連対馬と、頭数割れておりますがなかなか見所のあるメンバーが揃ったと思います。普通に馬券抜きでも楽しそうですね(^^)

走れそうな馬は??

この春活躍した馬たちばかりなので一部を除きレース間隔が空いている馬たちが多くなっています。「休み明け」というヤツです。近代競馬において「休み明け」という概念は薄まっていると思うんですよね。なんちゃって夏休みみたいな方々が多いですから。

とはいえ、セントライト記念の結果だけを見れば今年のダービーで2桁着順だった馬たちで占められていました。出走馬中ダービー最先着であったコズミックフォースは7着に破れています。ダービーで惨敗していた馬たちは「走っていなかった」とも考えられます。
ではダービー上位馬は「頑張っちゃった」のか?と言われるとこれまた難しい。ブラストワンピースは古馬重賞を勝っています。しかしそれなりに疲労もあるようなので「頑張っちゃった」というより位置取りによっては「疲れる」レースだったのかもしれません。

そんな独断と偏見で選んでみますと…

ダービー組からアドマイヤアルバ、まず鞍上変更が良いです。2歳は惜敗続きで続戦続きが多く、3歳春では500万下→京都新聞杯→日本ダービーと3連戦でした。今回は北海道のノーザンファームで調整されていたようですが久々フレッシュな初戦。厩舎力も大きいとは言え在厩で日本ダービー9着(上がり最速)であれば準備ができていると仮定した場合、もっとやれそうな気がします。

同じくダービー組からエタリオウ、いきなり差し競馬に回ってタイム差なしの4着。(なおダービーはエタリオウから買っていました笑)若駒が2000m以上のレースだけ使われてここまで走れれば能力の高さは見せていると思います。2mm程度の懸念は、かなりレベルの高いレースが続いて集中できていたところから間隔空いてレース、と気持ちが切れていなければ…でしょうか。ぜひパドックで「ねえ、今日やる気ある?」と聞いてみたいです(笑)

こちらもダービーからダービー馬のワグネリアン、友道厩舎得意の「西なのに東調整」です。※エタリオウも一緒
マカヒキで確立された手法をワグネリアンでも用いて上手くいっていることから個に依存しない汎用性のあるノウハウなのでしょう。突き抜けるかどうかはさておき崩れないように思います。

あともう一頭上げるならゴーフォザサミットレイデオロと同じ藤沢厩舎でも違うのは出身牧場とメイン外厩。運用方法も異なります。今回はファンタストクラブ2走目とベストの準備ではないですが、トップクラスの古馬達に揉まれて後の少頭数の世代戦なら走りやすいのでは?

その他では、とにかく逃げればOKのメイショウテッコン、外厩先が変わってどうかのステイフーリッシュまで。

エポカドーロメイショウテッコンの存在が面倒なのではないかと思っています。自分の形に持ち込め無さそうなので今回は軽視したいなと。

馬券はどう買う??

印を付けてみます。
◎ アドマイヤアルバ
○ エタリオウ
▲ ワグネリアン
★ ゴーフォザサミット
△ メイショウテッコン
△ ステイフーリッシュ

◎から馬連、もしくはワイド、★の単勝は面白いかもしれません。
最終的にはパドックまで見てどのように絞って買うのか、考えたいと思います。
あくまでも参考程度にお願い致します。

出資馬ヴァルドワーズが中山2R未勝利戦(芝1200m)に出走!

そのヴァルドワーズ、人気に応え見事に勝利しました!内側前有利な馬場でありながら外外をスル〜と回って差し切るあたり強い競馬だったと思います。


この時期の勝利は選択肢も増えて良いですね。ぜひ格安馬が高額馬に挑み勝ってゆく様を見たいなあと思う今日この頃です(^^)

最近ランキングに参加し始めました。

最強競馬ブログランキングへ
よろしければ気持ちばかりのクリックをお願い致します(^^)

以上、神戸新聞杯の展望でした(^^)
Goodluck!!

Sponsored Links