【回顧記事】宝塚記念の振り返り

シェアする!

今週の重賞回顧!宝塚記念の回顧です!

Sponsored Links


宝塚記念の振り返り

結果は以下のようになりました。

ミッキーロケットが並み居る強豪たちを退けて悲願のGⅠ勝利!そして和田Jはテイエムオペラオー以来のGⅠ勝利!おめでとうございます!

上位馬の感想!

ミッキーロケット
NFしがらき1走目。この宝塚記念のポイントは「スタートラインに立てているか」だと思っていました。要するに走れる状態でゲートに入っているか?ということです。ミッキーロケットは数少ない王道路線を歩んでおりレース数も多くなくいつも通りの調整、よって今回こそ全頭の中でいちばん疲労もなく走れる状態であると思い◎にしました。普段なら勝負所で置いていかれがちでも、他の馬たちが走れないので自然と流れに乗れ置いていかれない。走れるタイミングの重要性を改めて認識できました。今回はハマりましたが次走以降は少し注意が必要かもしれません。この馬がイイ線いっても結果がなかなか出ないのは走れるタイミングがちょっとズレているからだと思っています。

ワーザー
不明。海外輸送で中3週に加え馬体重大幅減少、間違いなく目に見えない疲労もあるかと思いましたが強かったですね。単純に馬が強かったです。字面だけで判断するなというこれも良い事例でした。

ノーブルマーズ
大山ヒルズ5走目。前走が買い時、そして今回もう一回あるかも…と思っていましたが印が回りませんでした。厩舎のタイミング的には走れる間隔だったので押さえるべきでした、これは猛省。使ってよくなるので1走目は軽視して2〜4走目までが守備範囲。

ヴィブロス
NFしがらき1走目。正直言ってどこにもいないと思っていたのでこの4着は驚きました。他の馬たちがバタバタするなかしっかり伸びてきていたのでいい馬です。僕的には万全での参戦ではなかったと思っているのでしっかり態勢整えれば秋は楽しみかもしれません。

ダンビュライト
NFしがらき1走目。こちらも最悪どこにもいないと思っていました。疲労があるのではないかと思っていました。前々で競馬して粘って5着。ヴィブロス同様に万全の態勢であれば秋が楽しみです。

次走に活かすために?

今回のレースは準備できていないもの同士の戦いで100%勝負付けできるものではないと思っています。敢えて言うのであれば今後期待が持てそうなのは上述しましたがヴィブロスダンビュライトの2頭だと思っています。

キセキ
吉澤S-WEST1走目。菊花賞の極悪馬場で走ったおかげで道悪巧者のイメージがありますが重いところより軽いところの方が良さそうです。今後一線級の相手と戦うとなるとどこまで戦えるか、人気するなら疑っていいかもしれません。

ゼーヴィント
NF天栄2走目。相対評価で上げましたがやはりGⅠ格で2走目は鬼門ですね。良い馬ですが準備段階でハンデがあるので今後の買い時は絞られます。1走目以外は不要です。

パフォーマプロミス
NFしがらき2走目。ちょっと格負けした印象。今後はGⅢ〜GⅡでお付き合いしたい1頭。

サトノダイヤモンドサトノクラウンステファノスについてはおそらく今後も軽視すると思います。心身ともに良くなるまでさらに時間が掛かりそうに思います。ステファノスはおそらく衰えかなと思いますのでGⅠでは厳しいかも。

馬券は迷いに迷って印上位の馬へ弱気のボックス買い。ミッキーロケットの単勝を買わなかったことが本当に悔やまれます。僕の黒歴史レースになりそうな宝塚記念でした(笑)

あとがき

これで春のG1もおしまい。本格的な夏競馬です。しばらく購入するレースを少なくしてゆる〜く競馬を楽しんでいこうと思います。このような回顧記事はGⅠや一部レースに限定して更新していきます。毎週の予想記事は更新していきますのでこちらは引き続き宜しくお願い致します(^^)

最近ランキングに参加し始めました。

最強競馬ブログランキングへ
よろしければ気持ちばかりのクリックをお願い致します(^^)

以上、宝塚記念の回顧でした(^^)

Sponsored Links