【考察】第59回宝塚記念の登録馬を見てどう思う??

シェアする!

今週は春のG1最終戦、阪神で行われる宝塚記念!
恒例?となりつつある全頭短評です。この時にピックアップされた馬はなかなか好走してますので覚えておいて損はないかも??(笑)



出走登録馬

出走予定馬はこちら!

グランプリだけは強いような馬がいるように阪神2200mは特殊なレースかなと思っています。キレよりもスタミナが問われる、長い末脚が使えるかどうか。タフなイメージですね。

どのような調整過程(この場合外厩先等)はJRDBデータを取込み今までの傾向からカトック独自の分析に基づいて考察しています。蓋を開けたら「違った!」なんてこともあり得ますのでご理解の程!

全頭短評!

現時点で除外対象、回避する馬は除いて見ていきます!

アルバート
NFしがらき1走目。去年にくらべれば全然走れると思うのですが関西で走れるイメージがあまりないのです。なぜ去年のアルゼンチン共和国杯で阿見TCを経由したのか。今回も軽視します。

キセキ
おそらく吉澤S-WEST1走目。香港帰り初戦で捲っていってバテて負ける。出し切った感あるので負け方としては良い。長く良い脚を使えるのは良いと思います。走れるタイミングです。

サイモンラムセス
おそらく吉澤ステーブル3走目。連勝してノッています。条件戦とはいえ今年になって成績崩れていないので充実しているのかもしれません。とにかく大逃げしてほしい。

サトノクラウン
NFしがらき1走目。春は全休で良いと思っていました。ドバイ帰りの疲労がどうか。僕はしんどいかなと思っています。

サトノダイヤモンド
NFしがらき1走目。本来であれば走れるタイミングですが馬がどうか。金鯱賞で復活気配かと思いきや大阪杯では見せ場なし。走れるタイミングで走りきれないのは気になるので軽視の予定。

ステファノス
おそらくNFしがらき2走目。中7週なのでもしかすると1走目かもしれません。2年前の鳴尾記念以来のGⅢ参戦だった新潟記念で見せ場なしの大敗。香港帰りの初戦としては非常に良い負け方。2走目でこそ走るタイミングなので買うなら今回でしょう。

ストロングタイタン
おそらくNFしがらき3走目。鳴尾記念で待望の重賞勝利。シルクは3歳世代以外もよく走りますね。今回は2年ぶりの3走目。最近は2〜3走目で走れるようになっており厩舎や外厩も変化しています。上位馬とは差がありそうですが他が走れなければ縮められるので今回チャンスの可能性あり。

スマートレイアー
おそらく吉澤S-WEST1走目。大阪杯、天皇賞・春、そしてこの宝塚記念という誉れ高いローテーションでもあり、あのキタサンブラックでも息切れしたデスローテとも言えます。活躍してほしいと願いつつ疲労が抜けないと思い軽視予定です。

ゼーヴィント
NF天栄2走目。2年前のプリンシパルS以来の2走目。下位クラスなら2走目でもやれると思いますがG1ではどうでしょうか。買っても相手か紐レベルのイメージ。

タツゴウゲキ
おそらく名張TC2走目。ちょっと今回は厳しいとの見立て。一線級とやるには準備が足りない。

ダンビュライト
おそらくNFしがらき1走目。香港帰り初戦。AJCCのような持続力勝負になれば。今週雨続きなのが好都合となる可能性も。ドバイ帰りに比べればダメージは少ないと思います。走れるタイミングでもあり馬場もハマるかもしれません。

ノーブルマーズ
大山ヒルズ5走目。前走は惜しい2着。完全に走り頃でした。こちらも馬場が多少悪くなって体力勝負になってもむしろ好都合なのでは。生涯初の5走目は果たしてどうか。厩舎的にはこの間隔は良いです。ラスト4Fの長い脚が使えるのは良いです。

パフォーマプロミス
おそらくNFしがらき2走目。条件戦の頃から追いかけていました。期間を空けて大切に使われていたこともあり今が絶好調期かもしれません。初重賞を1年ぶりの2走目で勝った経験もあり在厩でもOK。こちらも長い脚を使えるので体力勝負になれば。

ミッキーロケット
おそらくNFしがらき1走目。馬券には絡めずでしたが天皇賞・春が買い時&走り頃だったと思います。他が走れなければ出番があっても驚けないのですが勝つまでのイメージは沸かず。

ワーザー
不明。休み明けに好走するタイプ。前走は頓挫があった影響で元々使いたかったレースを使えていなかったとか。馬場が渋って良いタイプだと思いますが、ちょっと運が無いかなと思っています。

ヴィブロス
おそらくNFしがらき1走目。去年はドバイ勝利後7ヶ月空けて重賞2着とナイスローテ。今年は2ヶ月早いです。これがどうでるか。自信の選択なのかそれともやそれともまだまだ疲労が抜けていないのか。3着にひょっこり顔を出しそうな気もします(笑)

現状で気になる馬は?

全体的に走れるタイミングの馬が多いですが、個体でみるとそうでもなさそうな気もするような、難しい1戦ですね。
外厩使えば何でも走るというわけでは無くなっているので、それを含めて考えると…
ステファノスパフォーマプロミスの藤原2頭、人気は無さそうですがノーブルマーズが気になっております。馬場次第ではダンビュライトキセキも走れるかも。

あとがき!!

ケイティーズソレルが帰厩し中京開催へ、イストワールファムは函館へ、そして先日も走ったベルフロレゾンがまさかの北の大地へ移動。7月は出資馬たちによる出走ラッシュになりそう(^^)

以上、宝塚記念の全頭短評でした!

最近ランキングに参加し始めました。

最強競馬ブログランキングへ
よろしければ気持ちばかりのクリックをお願い致します(^^)

Sponsored Links