【重賞展望】第157回天皇賞・春(GⅠ)

シェアする!

長距離王決定戦を意味する天皇賞・春!天気も良さそうですし馬場コンディションは良い状態でレースできそうですね。なかなか混戦模様なので検討しがいのあるレースです(^^)

ブログを始めて今回の記事が196回目の更新、ということでもう少しで200回です。良く続いたものだと(笑)
ブログランキングの機能で当ブログを購読頂いている読者様もおり嬉しい限りです。少しでも実のある暇つぶし?が出来るブログになるよう継続して更新していきますのでよろしくお願いいたします!

……今回が200回目みたいな文章になってしまった(笑)



第157回天皇賞・春(GⅠ)

出馬表はこちら!

近年はキタサンブラックという強者がいましたが今年は「オーラのある強者」がいません。どの馬にもチャンスがあるように思えますよね。前売りのオッズを見ていると競馬ファンの迷いが見て取れます。

土曜日のレース結果!

芝のレース結果は以下のようになっています。

2000m以上のレースに限って見るとコース特性からかロングスパート戦が多くなっていました。傾向から一瞬のキレ味より長く良い脚が使えるスタミナが問われていると思っています。少し鈍臭そうな馬でも体力あるならチャンスあるかもしれません。

走れそうな馬は??

既に週中の考察において詳細は記載済みなので詳しくはそちらをご覧いただくとしてやはり重要なのは枠順。枠も考慮しつつピックアップします。

内枠に入ったので週中と変わらず狙ってみたいのがチェスナットコート、メイン外厩の宇治田原優駿Sでは長距離が得意な馬は少ないのですが最近ではキタサンブラックがおり勢いがあります。内枠偶数馬番を活かしていつもより少しだけ前に行ければ面白いと思います。

同じく内枠偶数馬番のカレンミロティック、正直言って芝レースに限って言えば厩舎勢いは良くありません。ただ今回は年齢はさておきチャンスでもあります。でも勝ち切れないけど馬券圏内はいる、そんな位置を期待しています。

こういう手薄?な大舞台だからこそ勢いを買いたいガンコ、このレースにおいて前々で競馬できるのは最大の強み。鞍上込みで期待されてそうな強そうな馬たちが中段〜後方なので展開が向きそう。ヨーイドンにならなければ。鞍上は今年乗れてますし人気してても押さえたいです。

その他で言うと、このメンバーなら前走ヤリきったとしても再調整で何とかなりそうなレインボーライン、さらに馬体絞れて仕上げきっていれば人気でもシュヴァルグラン、外枠で空気になってますが他がイマイチと見るならしれっと走れるスマートレイアー

馬券はどう買う??

パドックや明日の傾向見て買おうと思うので現時点では決めていません。内枠の馬を中心に馬連を買おうかなと思っています。外枠は相手まで、というイメージです。この発想でいくとチェスナットコートカレンミロティックガンコ辺りからでしょうか。

あとがき!!

あまり重視しない部分なので敢えてあとがきに書くのですが過去の天皇賞・春を馬体重増減別で成績を見てみると・・・

※2015年〜2017年の3年間です。
馬体重が大幅増加していると成績が良くないのです。なぜか??を上手く説明できないので載せるか迷ったのですが、余裕残しで勝てるほど甘いレースではない、と解釈しました(笑)
基本は前走と同様もしくは減少(絞ってきた)なら馬券候補なのかもしれません。

最近ランキングに参加し始めました。

最強競馬ブログランキングへ
よろしければ気持ちばかりのクリックをお願い致します(^^)

以上、天皇賞・春の展望でした(^^)
Goodluck!!

Sponsored Links