【考察】第62回大阪杯の登録馬を見てどう思う??

シェアする!

春のGⅠ第二戦!GⅠ昇格後第2回目の大阪杯!全頭短評します!



出走登録馬

出走予定馬はこちら!

マルターズアポジーがダービー卿CTへ回ったため16頭ですね。大阪杯出ればいいのに…。しかしこれも戦略でしょうね。

どのような調整過程(この場合外厩先等)はJRDBデータを取込み今までの傾向からカトック独自の分析に基づいて考察しています。蓋を開けたら「違った!」なんてこともあり得ますのでご理解の程!

全頭短評!

除外対象、回避する馬は除いて見ていきます!

アルアイン
おそらくNFしがらき1走目。池江厩舎4頭出し。当然のようにいつも通りの調整なので走れるでしょう。ダービー以降、クラシック参戦もあって中〜長距離を使われてきましたが1600〜2000が守備範囲だと思っています。
ウインブライト
BF鉾田3走目。前走ハマりにハマった印象。しかし勢いあるので侮れない1頭。ただ他に走れる馬が結構いるのも事実。
ゴールドアクター
おそらくオークヒルファーム1走目。良い頃の状態に戻りませんね。
サトノダイヤモンド
おそらくNFしがらき2走目。池江厩舎の総大将でしょうか。走れるとは思いますが想定の鞍上の成績が…頭では買いにくいですねえ。
サトノノブレス
おそらくNFしがらき2走目。前走は少頭数で見事ハマりました。2走目まで走れるので逃げられればワンチャンあっても…と思いきやヤマカツライデンがいるのでそう上手くいくかは微妙です。
シュヴァルグラン
おそらくNFしがらき1走目。春の始動がいきなり本番。天栄からしがらきに戻したようです。有馬記念の疲労はないと思いますので力は出せるでしょう。鞍上変わって果たしてどうか。
スマートレイアー
おそらく吉澤S-WEST1走目。香港帰りでなければ気になる1頭でした。2走目まで大丈夫なので次走が狙い所な気がしています。
スワーヴリチャード
おそらくNFしがらき2走目。鞍上、前走のパフォーマンスもあって人気しそうですよね。世代の中でも強い1頭なのは間違いないです。しかし準備という点で言えば今回より前走。
ダンビュライト
おそらくNFしがらき1走目。前走強かったですねえ。クラシックでも善戦していましたしこちらも世代トップクラス。得意なコースかつ走れると来れば下手なレースはしないはず。
トリオンフ
おそらくNFしがらき2走目。去年の夏に分析していた馬です。斤量が54kg→57kgとハンデ背負ったかのような斤量増に見えます(笑)それはさておき、1走目より2走目の成績が顕著です。前走はローカル重賞とはいえ今まで走れなかった1走目で強い勝ち方。馬が良くなっている可能性があるので人気しなければ押さえておきたいです。たぶん走れると思います。
ペルシアンナイト
おそらく吉澤S-WEST2走目。前走ちょっとチグハグだったように思います。しかも鞍上が絶不調でした。わかりやすいくらい1走目より2走目の方が良いタイプなので鞍上が気にならなければ買いたいですね。厩舎成績も吉澤だけは2走目が良いのも後押し。勝てるチャンスあると思います。
マサハヤドリーム
おそらくグリーンウッド1走目。出走手当狙い?なんて勘ぐってしまいましたが…このメンバーだと少し厳しいか。
ミッキースワロー
おそらくKSトレーニングC1走目。久々にKSトレーニングCから強い馬が。ノーザンファーム系と比べると仕上げが顕著なので絞って買うなら馬券から外すのも手です。
メートルダール
NF天栄2走目。どちらかというと初戦向きなので激走するなら前走だったと思います。
ヤマカツエース
おそらく小松TC2走目。去年の夏以降馬券に絡んでおらず。得意の舞台ではありますが他に走れる馬がいるのであれば厳しいかも。
ヤマカツライデン
おそらく小松TC3走目。マルターズアポジーがいない分逃げるならこの馬でしょうか。引きつける逃げではなく思い切って大逃げしてほしい。

現状で気になる馬は?

現時点ではペルシアンナイトトリオンフの2頭です。この大阪杯は走れる馬が多くさすが中距離GⅠという感じですが、点ではなく線で見ると走れるタイミングは今回ではないかと思います。しかもあまり注目されなさそうなのも良いですね。

あとがき!今週はドバイミーティング!

日曜深夜にドバイで日本馬が走ります。今年も馬券が発売されるので競馬ファンの皆様は参加されるのでしょう(笑)日本勢を軸で買うならシーマクラシックターフでしょうか。中距離芝なら日本の馬は世界一に近いと思っています。

以上、大阪杯の全頭短評でした!

最近ランキングに参加し始めました。

最強競馬ブログランキングへ
よろしければ気持ちばかりのクリックをお願い致します(^^)

Sponsored Links