【回顧記事】チューリップ賞・オーシャンSの振り返り

シェアする!

今週の回顧記事その1です。土曜重賞を振り返ります!
Sponsored Links


チューリップ賞の振り返り

結果は以下のようになりました。

ラッキーライラックが勝利!!結果だけ見れば阪神JFの上位そのままで決まりました。うーむ勝ち馬強かったですねえ。

ラッキーライラック
NFしがらき1走目。もし負けるならここかと思っていましたが杞憂でした。しかし僕の目線で普通に考えれば外厩戻り初戦は走れるタイミングなので他に不安要素がなければ人気でも嫌う必要は無いんですよね。完勝でした。桜花賞は本番にして試金石。なぜなら初の外厩戻り2戦目となるからです。
マウレア
阿見TC2走目。今回は在厩だったので前走より力が出せたと思っています。これこそ俗に言う「叩き2戦目」ではないでしょうか。マウレアを嫌った理由は外厩先にあります。2017年以降阿見TC調整の芝馬は成績がなぜかとにかく悪い。特に上級戦では軽視していました。成績が悪い中マウレアは頑張っているんですよね。負けてもこの馬を強いと思う理由はそこにあります。
リリーノーブル
NFしがらき1走目。ここでこそ走りどきかと思っていたのですが直線追うも伸びず。新馬戦以来の外厩戻り1走目で走れるタイミングだと思ったのですが…ちなみに阪神JF2着時はNFしがらき3走目なので使われた方がよいのか、本番で100%発揮できるかちょっと迷います。
サラキア
NFしがらき1走目。痛恨の出遅れ。上位との着差は出遅れた分のように思います。間違いなく世代でも上位の能力を持っていると思います。次走も注目です。Twitterで仲良くして頂いているフォロワーさんが出資されているのですがホント羨ましい(笑)
レッドランディーニ
NFしがらき1走目。ラッキーライラックと同様の上がり最速。能力はありそうですが現時点ではまだ差があるのかも。でもまだまだ見限れません。

次走に活かすために?

1頭だけ!
シグナライズ
ケイアイファーム千葉2走目。もう少しやれるかと思ったのですが外厩明け1走目の方が良いのかも。厩舎力を考えればそう簡単に終わる馬とも思えないので少し追いかけてみたいです。

桜花賞に向けてはラッキーライラックが一歩抜けたでしょうか。桜花賞本番までどのような調整過程を踏むのか、ここが本当に重要だと思います。

オーシャンSの振り返り

簡易回顧とします。
結果は以下のようになりました。

10番人気キングハートが勝利!こんなに人気がないとは…

キングハート
在厩調整。使って良くなる典型のように思います。馬体重がさらに増えてもこのパフォーマンスなので高松宮記念本番も楽しみではないでしょうか。おそらく人気もしないと思いますし。
ナックビーナス
在厩調整。昨年から成績は安定しており人気通りこのメンバーなら実力上位だと思っていました、ここでも安定していましたね。馬体も増え続けてるので好調なのでしょう。この鞍上が乗り続けてくれれば次走も期待です。
ダイメイフジ
在厩調整。前走頭数少ない中で伸び伸び走っていたので多頭数になってどうかなあと思っていましたがしっかり混戦を抜けて3着に。こちらも続戦の方が良いタイプ。

次走に活かすために?

上位馬よりその他の馬が気になるので!
ネロ
在厩調整。復活気配ですね〜。この辺りのクラスであればまだまだやれそうですね。あまり人気しないタイプなので追いかけて損はないかなと思います。
レーヌミノル
小松TC1走目。なぜ外厩先をコロコロ変えるのか…宇治田原優駿S以外では走らない顕著な馬です。なので今走は度外視。続戦なら割引…かな。
ロードクエスト
ケイアイファーム千葉1走目。今の馬場では後ろからでは厳しかった。しかし末脚は使えているのでどこかでまた馬券になる馬でしょう。基本は初戦向き。
リエノテソーロ
在厩調整。こちらも後ろ過ぎたか。理想はもう少し前目。能力はあるだけに出しきれていないところがもどかしい。少し狙い所が難しくなりました。

珍しく在厩調整の馬たちが上位を占めました。有力どころの外厩先を使う厩舎達ではないのが特徴です。だからこそスプリント路線は混戦になっているようにも思えます。現4歳から強いスプリンター出て来ませんかね(笑)

あとがき!

皐月賞の回顧記事はまた後日!

最近ランキングに参加し始めました。

最強競馬ブログランキングへ
よろしければ気持ちばかりのクリックをお願い致します(^^)

以上、チューリップ賞とオーシャンSの回顧でした(^^)

Sponsored Links