【回顧記事】中山金杯・京都金杯の振り返り

シェアする!

今週は4重賞でした!本記事では東西の金杯の簡単回顧です(^^)

Sponsored Links


中山金杯の振り返り

結果は以下のようになりました。

勝ったセダブリランテス、3着のストレンジクォークは外厩戻り初戦で走れる状態。その他特筆する馬もいなかったため両馬共に馬券に絡みました。ウインブライトがいなければ馬連的中だったんですが(笑)

セダブリランテス
NF天栄1走目。強い馬が走れるタイミングであればそりゃ勝ちます。続戦するたびに下降線なので今後はローテ次第。余談ですがイストワールファムセダブリランテスで両天秤にかけて、出資したのはイストワールファムでした。両方いけよあの時の私(笑)

ウインブライト
ビッグレッドファーム鉾田1走目。使ってよくなる外厩先なのであと2走程度はいけるでしょう。個人的には途中ペースアップしたマイネルミラノのアシスト?も大きかったと思っていますが強かったです。やはりこの世代は強い。

ストレンジクォーク
NF天栄1走目。ナメられてましたねえ!まさにここが走り時。冬場は走りますね。あと少し届きませんでした。少し間隔あけて次走使って欲しいです。続戦で割引。

ブラックバゴ
NF天栄1走目。前走恵まれて勝ち上がってきたと思っていましたが上位と差のない4着。上がり性能高い馬はどこかで必ずいい走りをしてきます。ぜひ東京で見たいです。

ダイワキャグニー
山元TC1走目。何したかったんでしょうか。行ききった方が良いと思ったのですが。中途半端のように見えました。続戦で割引。

次走に活かすために?

6着以下の馬で何頭か見ておきます。
トーセンマタコイヤ
一度外厩出して休みましょう。今回は走れない順番なので度外視。
カデナ
ダート行きましょう。何度も言います。ダートはグランド牧場。
ケントオー
関西のOP特別戦で見たい。

今回走れるタイミングの馬で決まったレースと言えます。1着、3着馬をピックアップできていたので当てたかったですねえ。全体的に不振期に入っている馬、前走で使い切ってしまっていた馬で分かれていると思いますので、次走以降の使い方に注目したいです。8着馬までは気になりますね。

京都金杯の振り返り

結果は以下のようになりました。

勝ったのはブラックムーン、大外から差し切りましたね。馬券はダノンメジャーから馬連で撃沈!余談ですが鞍上の土曜重賞勝利率って高いように思うのですがどうでしょう??(笑)

ブラックムーン
小松TC5走目、在厩調整。ここまでの差し決着になるとは思わず前走高レベルレース疑いがありながらも切ってしまいました。3〜4コーナーの上がり方がお見事すぎて…馬の能力を出し切った鞍上に脱帽です。

クルーガー
NFしがらき1走目。この馬が一番走れるタイミングだと思っていました。差しも届かず2着というのはドンピシャだったのですが(笑)GⅢくらいであれば今後も活躍できそうです。

レッドアンシェル
NFしがらき3走目。前走レベルは低くないので3走目とはいえこのメンバーなら走ってくるかもと考えていました。しかしこの半年くらいで外厩傾向が変わってきたように思います。この3着は意味がありますね。

ダノンメジャー
NFしがらき1走目。ここが走りどころのはずだったんですが(笑)もう少し強気に逃げるくらい前に行って欲しかったんです。たぶん耐えられたと思います。次走ワンクッション置いて逃げましょう。勝ち負けできると思います。

ストーミーシー
ミルファーム千葉1走目。いつも人気以上に走ってきます。ちょっと位置が後ろ過ぎたでしょうか。東京で見たいです。

次走に活かすために?

6着以下の馬で何頭か見ておきます。
キョウヘイ
一度休ませてもいい気がします。荒れた馬場設定が外厩明け2走目くらいにあれば走ってきそう。
アメリカズカップ
やはり重たい馬場オプションが必要でしょうかねえ。
ウインガニオン
冬眠中なので春以降にいらっしゃい。

走れるタイミング+高レベルレース経験馬が上位を占めたという感じでしょうか。このレースの結果を見てリゲルSはレベルが高いもしれません。2着だったサトノアーサーの次走に注目してみようと思います。

最近ランキングに参加し始めました。

最強競馬ブログランキングへ
よろしければ気持ちばかりのクリックをお願い致します(^^)

以上、中山金杯・京都金杯の回顧でした(^^)

Sponsored Links



スポンサーリンク