【考察】1月中山開催の狙い所は??

シェアする!

あけましておめでとうございます!今年も引き続きブログを更新していきます。重賞だけではなくもう少しニッチなところも分析して更新していこうと思います!というわけで本年も何卒よろしくお願い致します(^^)



1月の中山開催を考える

年明け最初のブログは金杯!ではなく違うところを見てみようと思います。
金杯等の重賞予想は、著名な競馬ブロガーさん達の予想を見て頂いた方が参考になりますので!(笑)

では2017年1月の中山開催をコース別に。

施行回数が多いのは冬場ということもあり、1800もしくは1200ダートが多いですね。ということで敢えてダートに注目してみます。さらに今回はダート1200に絞ってみようと思います。この時期の中山D1200傾向は特徴的で面白いことに気がつきました。理由は以下の通り。

  • ノーザンファーム生産馬以外が活躍できる
  • 休み明けより続戦できるかどうかが大事
  • 人気が分散しやすく妙味がある

    なんだかんだでノーザンファーム生産馬が活躍してるこの昨今、非ノーザン馬が活躍している舞台と言えます。生産者別でみるとこのような成績です。

    非社台が活躍し、しかも大きく偏りがない点が妙味を生み出している要因のひとつだと思います。上手く狙えれば面白いのかもしません。さらに施行回数が多いので馬券的にチャレンジ機会が多いのも良いですね。ということでダート1200に注目!

    中山D1200の前走は??

    開催時期と場所を見ると…
    11月 東京 京都 福島
    12月 中山 阪神 中京
    1月 中山 京都 中京(1/13より)

    このようになります。休み明けなら東京や福島、12月から続戦なら再度中山で同じコース、というように想定できますね。

    では去年2017年1月の中山D1200前走成績はこちら!

    12月に中山開催があるので、前走同じコースを使われたケースが多いですね。ひとつだけ顕著に現れているのが中京D1400。サンプルは少ないものの複勝率高く回収率が良いのは、まだまだバレていない可能性があります。もしくは他に何か嫌われる要素があるかどうか。

    前走中京D1400を見てみる!

    では次に前走中京D1400ではどのような馬だったのか、脚質で見てみます。

    基本的に先行できている馬、というかそれだけですね(笑)やはり前に行けてナンボ。右回り左回りの違いはあれ、坂があったりリンクするところがあるのかもしれません。なお去年の傾向では外厩的なアシストがないことも傾向のひとつ。あくまでも1年前の結果に過ぎないので今年は何ともいえませんが、外厩相性の良い厩舎や馬が走れる状態でこの舞台に出てきて条件を満たすのであれば全力で買いなのかもしれません。ここは柔軟にいきましょう。

    前走中京D1400で中山D1200で成績の良い脚質は?

    中京D1400で先行している馬が良いのはわかりましたが、実際に中山D1200ではどのような脚質がいいのか?なんとなく予測はできますがいちおう出してみると…

    当然ながら先行できていること。後ろからいったらアウトですね。テンが早い馬であればなお良い。これは非常にわかりやすいですね。そして基本は500万下と未勝利。

    まとめ!

    この1月開催で狙ってみたいのは…

  • 中山D1200の未勝利もしくは500万下
  • 前走中京D1400に出走している先行脚質で
  • テンが早く前にいける可能性が高い馬
  • 人気関係なく単複で(人気薄で頭まで来る可能性あり)

    こんな感じでしょうか。

    もし参考にして「やったぜ当たっちゃった!」なんてことありましたらスタバでも奢ってください(笑)ウソです(^^)

    あとがき!

    予定通り1/6 未勝利 京都D1200にベルフロレゾンが出走するようです!僕はその日まさかの早朝健康診断でリアルタイム観戦できない可能性が(笑)次に繋がる走りを期待します!

    以上、1月の中山開催狙ってみたいお話でした!

    最近ランキングに参加し始めました。

    最強競馬ブログランキングへ
    よろしければ気持ちばかりのクリックをお願い致します(^^)

    Sponsored Links



  • スポンサーリンク