【回顧記事】今週の重賞振り返り(アルテミスS・スワンS・天皇賞秋)

シェアする!

今週末はプライベートでバッタバタ。
と言っても皆さんには関係ないですよね、競馬の話をすれと(笑)

では恒例の重賞回顧。
今週より端的に記述していきます。

Sponsored Links


アルテミスS(GⅢ)の振り返り

結果は以下のようになりました。

掲示板を見ると走れるタイミング(傾向から複勝率高)の馬で占められています。
先行有利な馬場だったと思いますが、それと相まって結果につながったのかなと。
ウラヌスチャームは全然参加できていなかったですね。
注目していたハイヒールは7着。ヒールが高すぎたのか。
サヤカチャンを機会的にピックアップ出来ていながら当てられなかったのは悔しいです。
何気にオルフェーヴル産駒が重賞2勝目なんですよね。
産駒もピンかパーかなんでしょうか。
札幌2歳Sを勝ったロックディスタウンもサンデーレーシング、当たってますねこれは…

次走に活かすなら…

サヤカチャン以外は外厩戻り初戦で、厩舎×外厩相性の良い組み合わせのみ好走
次走に活かすなら、上位の馬が続戦してくるのであれば、
このアルテミスSのレベルが高いと思わない限り疑って良いと思います。
走れるタイミングとして、続戦<初戦の可能性があるからです。

スワンS(GⅡ)の振り返り

結果は以下のとおり。

サングレーザーは人気でも不動の軸だったのでこれは良かったです。
今回も内側で最後グイっと伸びましたね。揉まれ強いのかもしれませんね。
ヒルノデイバローは、前走の鞍上神騎乗を考えれば買うべきだったかと猛省。
キャンベルジュニアは仕掛けが早かったように思えました。
もしや重馬場がダメしょうか?

次走に活かすなら…

走れるタイミング云々ではなく、勢いと能力上位馬が馬券になった印象です。
4〜5着馬は「今回走った」と思っています。次走人気なら妙味なし。
セイウンコウセイスプリンターズSの展望でも記載しましたが
一息入れるまで馬券は不要だと思います。
キャンベルジュニアは次走良馬場、続戦orNFしがらき戻りで。
ヒルノデイバローの猛省理由は機械的に買える要素があるからです。
TFJVお持ちの方はぜひ京都に絞って馬主成績を見てみてください。
ご存知の方なら釈迦に説法ですが、意識されたことなければ「5へえ」くらいは頂けるかと。
馬連は当てたかったですね。

天皇賞・秋(GⅠ)の振り返り

結果は以下のとおり。

出遅れたキタサンブラックが3〜4コーナーで内を通って一瞬にして2番手程に。
そのまま荒れた部分を通って直線では既に先頭。
1着になるためにはどうすればいいか?と考え一瞬で判断して実行するのは、
素人目に見ても容易ではないと思います。
「リスクを冒す勇気」勉強になりました。

キタサンブラック毎回同じ表現ですが、強い!ただ思いの外出し切っていないか?
サトノクラウンはアレで勝てなければ仕方がないですね。こちらも強い。
レインボーフラッグは重馬場ステイゴールド、NFしがらき初戦で走れる番でしたかね。
最近厩舎成績がイマイチと思ってたら、サングレーザーがそういえば…フラグを逃しました(T T)
グレーターロンドンは鞍上が捲って攻めていました。
後ろで何もしないよりは戦いにいって賞賛されるべきかと。
ミッキーロケットも前につけてシメシメと思ったら足りなかったですかね…
マカヒキ頑張ってましたね!というか鞍上が復調気配。

馬場はひどかったですが、結果を見れば共通項があって…
・外厩初戦でリフレッシュ
・宝塚記念稍重で頑張った(キタサンブラックは先行して沈む)

まとめると、春の疲労が抜けている馬が走ったということです。

次走に活かすなら…

キタサンブラックは次こそ疑い所かも。おそらく続戦です。疲労抜けるかどうか。
むしろ負けた馬たちに妙味ありだと思います。
できれば期間あけてほしいグレーターロンドン
シャケトラは馬体増えたのでちょっと絞れたら、
ソウルスターリングマカヒキはできれば次走前に一息ほしい、

あとがき!

前回も書いた内容なのですが、忘れないように再喝。
走れるタイミングは騎手や馬場を凌駕することがある
この目線は、馬場を考慮しても騎手をマイナスファクターとして捉えない
異なる目線でマイナス要素があっても目を瞑る 例)距離<走れるタイミング
在厩でも好走する厩舎は確率的に一部の外厩先に絞る
人気薄を入れるなら100円渋らずBOXも考えること(笑)

2週連続で極悪道悪競馬でしたので、負けた中で重たい馬場が適正外な馬もいると思います。
見定められればぜひ次走狙いたいですね。

以上、重賞回顧でした(^^)

Sponsored Links