【回顧記事】今週の重賞振り返り(富士S・菊花賞)

シェアする!

では恒例の重賞回顧。
今週はライブ観戦できず(^^;;
菊花賞の馬券は下手さの極みが…
簡単ですがアップします!

Sponsored Links


富士S(GⅢ)

結果は以下のようになりました。

エアスピネルが勝利!
レース見ましたがなかなかの泥んこで重そうでしたね。

1着 エアスピネル
ここで走って来るんですねえ。
勝つまでではないと思ってしまいました。
とうことは走らないタイミングで走ったので、
今後も好走しそうです。

2着 イスラボニータ
こちらは想定通り。山元TC戻りで走るタイミング。
去年の58kgこなしてますし、この安田記念から格落ちなら走ります。
秋競馬に成績が良くなる傾向にあるので、
次走も抑えていいかもしれません。

3着 クルーガー
NFしがらき戻りで走るタイミングですが…鞍上で嫌ってしまいました。
この馬が上がり最速なんですよね。復調の気配かも??

その他の馬も短評を。

レッドアンシェル
いやあ最後残してくれればワイドが(笑)
NFしがらき戻りで走れるタイミングだったのでここだと思ったんですが…
今までの戦績全て外厩初戦なので、次走続戦で真価が問われます。
ただ前に行けたのは次走に繋がるかも…
ペルシアンナイト
道悪向きませんからね。その中で掲示板まで来るので良い馬です。
サトノアレス
札幌開催で走ったのでファンタストクラブを利用したと思うんですが
失礼ながら配置された鞍上、調整過程みても本気度伺えないので買えません。
走れるタイミングではないですね。

振り返り総評

イスラボニータとレッドアンシェルのワイドを買っていたのですが、
クルーガーに割られてしまいました(笑)
馬場が悪かったので、適正外の馬にとっては度外視の一戦で良さそうです。

菊花賞(GⅠ)の振り返り

結果は以下のとおり。

レース見ました!馬場が本当にすごい…内側が完全に死んでいますね…
個人的には富士Sの反省を活かせなかったレース。
そして展望記事で書いた馬場見解からだとキセキは狙いにくかったですが、
買える要素もあっただけに…

1着 キセキ
うーむ、鞍上で嫌ってしまいました。
なぜかというと、デムーロ騎手の長距離戦は期待値が高くないのです。

※2016年以降、芝のみデムーロ×距離別成績
しかし、角居厩舎×吉澤SW在厩2戦目×芝で見ると、
この半年の複勝率は100%なんですよね。

そしてデムーロ×吉澤SW在厩2戦目×芝でも複勝率100%です。

ということはこの騎手配置=狙っているタイミングと見た方が正しいですね(^^;;
※2017年4月以降のデムーロ×吉澤SW在厩2戦目×芝の結果です。
注:JRDBデータを元にカトックが独自に集計したものです。

馬場や鞍上見て、崩れるならここ!と思ったら、
走れるタイミングの方が勝っていたように思えます。
端的にどんな条件であってもこの組み合わせは買いなんでしょうね…
選択すべき優先順位を誤りました…大いに反省。

2着 クリンチャー
大山ヒルズ戻りで走れるタイミングです。
荒れた馬場は向いていると思いましたし、鞍上も好騎乗のように思えます。
ただし、今後の好走レンジは限られそうですね。

3着 ポポカテペトル
こちらも外厩戻り初戦で走れるタイミングです。
阿賀野川特別が走れないタイミングで好走していたので
強い馬なのだと思います。後述の購入馬券で、相手に選んだ理由はここです。
もし続戦できたらちょっと面白いかも。
鞍上との手も合っているように思えます。

何気にこの3頭が上がり1〜3位なんですよね。
特殊な馬場だったことが伺えます。
そう考えるとキセキ強いな(笑)

その他の馬も短評を。

ダンビュライト
ワイド軸でした!直線向いた時はこれは残りそうな雰囲気ありましたが
最後はバテてしまいましたね。
キレる馬が買って、キレない馬も残る。
もしかすると、あまり向かないレースになってしまったかもしれないですね。
マイネルヴンシュ
これは完全ノーマーク!追込みに徹したのが良かったのでしょう。
ミッキースワロー
タイミングが前回だったとすれば今回は違うので度外視で。
ただ6着まで来ているのはスゴイと思います。
アルアイン
クリンチャーと同じような通過順でしたが、
体力勝負だと分が悪かったかもしれません。
おそらく距離も持ちそうですが、もう少し軽い方がいいかもですね。

振り返り総評

レース見ましたが内側が完全に死んでいて、いつもの菊花賞とは傾向が真逆でしたね。
なお、土曜の夜時点で悩んだすえこんな馬券を。

買った馬券は完全タテメ…勝ち馬を鞍上で嫌ったことが最大の敗因です。
BOXにすれば万馬券なんですよねえ、買い方がカス以下で…

あとがき!

今回の馬券外しの敗因からの学びとして以下のポイントを活かそうと思います。
走れるタイミングは騎手や馬場を凌駕することがある
この目線は、馬場を考慮しても騎手をマイナスファクターとして捉えない
異なる目線でマイナス要素があっても目を瞑る 例)距離<走れるタイミング
在厩でも好走する厩舎は確率的に一部の外厩先に絞る
人気薄を入れるなら100円渋らずBOXも考えること(笑)

秋競馬が始まって大きな馬券を外す時はこの要素が多いので
もうルールにしてしまいます(笑)

以上、菊花賞の重賞回顧記事でした!

Sponsored Links