【回顧記事】今週の重賞振り返り(サウジアラビアRC・毎日王冠・京都大賞典)

シェアする!

では恒例の重賞回顧。
簡単ですがアップします!

Sponsored Links


サウジアラビアRC(GⅢ)

結果は以下のようになりました。

なかなか堅い結果でした。
注目されていた馬が人気通りに走りましたね。

1着 ダノンプレミアム
ケイアイファームのディープ産駒なので軽視していましたが、
このレース後に調べて見たら意外と成績良かったです(^^;;
※あとがきに記載します。
そもそも前走勝ち方いいですし、素直に評価するべきでした。
これは完全に見誤りました。
僕の場合、間隔を具体化してから検討テーブルに乗せた方が良いようです(笑)

2着 ステルヴィオ
現時点で強い馬がしっかり調整されれば走る。
嫌う理由は無いですね。
しかし、馬場が回復して内側先行有利のなかであの位置どりは厳しい。

3着 カーボナード
前走の未勝利戦で2着以下に0.4秒差つけているので強いかなと思いつつ、
他の馬が準備できていると見て軽視してしまいました。
これも能力を見誤った感があります。

その他の馬も短評を。

テンクウ
ステルヴィオと同じく後ろからではキツかったですね。
でも弱い馬ではないです。
シュヴァルツボンバー
先々走ってくると思います。今回ではなかっただけだと思っています。
ダブルシャープ
発汗すごかったですね。舞台は向かないと頭の片隅で思ってましたが、やはり軽かった。
中山で見たいなあと。
バイオレントブロー
まあそんなに強くない馬が準備できていても…てことでしょうかね。

振り返り総評

馬券的には完全に見誤りました。これはキングオブ失態です。
このレースに至っては目線が「適正<準備」になってしまい、見落としが多かったです。
1,2着馬は大きな舞台でも好走するように思います。
シンガリのスワーヴエドワードは度外視で。

毎日王冠(GⅡ)の振り返り

結果は以下のとおり。

見誤ったのはペースとグレーターロンドン。
スローのヨーイドン。
そう考えれば上位陣の走りは納得です。
完全に決め手勝負、馬券圏内全てディープインパクト産駒ですしね。
実は展望記事でも決め手勝負なら1,2着の2頭と言っていただけに…

1着 リアルスティール
NF空港で準備万端、鞍上配置、厳しい流れ。
色々向いたと思います。おそらくもう一回走れます。

2着 サトノアラジン
リアルスティールと同じように展開向きました。
勝ち馬に一歩届かないという読みまでは良かったんですが(笑)
アラジンももう一回いけます。

3着 グレーターロンドン
やはりポテンシャルありましたね。
体質が弱く使えるレースが選べない、という観点から
走れるからレースに出せる、と認識を改めます。
そう考えると「常に消せない」となってしまいますが、
おかしい負け方するまで追いかけるのもありかと。

その他の馬も短評を。

ソウルスターリング
かなりのハイペースでした。
入りの3Fのペース、3歳牝馬にはキツかったのでは…
道中見てて次に繋がらないレースかも…と思いましたが、
ハイペース先頭切って頑張った経験は次走に活きると思います。
問題は、次走までの調整過程。
ダイワキャグニー
社台を狙うならこっちだったのかもしれないですね。
このペースで最後まで頑張れたのはすごいと思います。
次走も楽しみです。ただし左回り専用機の可能性あり。
マカヒキ
前につけられたのは良かったと思います。
前哨戦としては悪く無いです。これで気が入れば。

振り返り総評

1000mを59秒程で通過していたのでソウルスターリングには厳しい流れだったのだと思います。
もし他の陣営が意図的に前に行かせたのなら大したものです。
今回の走りは、良くも悪くも次走で間違いなく活きます。
予想は◯▲無で決着。馬連は押さえておけばよかったなあ(笑)
グレーターロンドンマイルCSいかないですかね??ぜひ買いたい(^^)

京都大賞典(GⅡ)の振り返り

結果は以下のとおり。

もう騎手で嫌った2頭で決まるとか…センスなさすぎで泣ける(T-T)

1着 スマートレイアー
完璧な位置どりでロスなく最後きっちり差し切る。
馬と鞍上の相性で嫌いましたが、むしろこの鞍上でこそだった。
馬自体は吉澤SW戻りで走れる状態。もうお見事。

2着 トーセンバジル
こちらも位置どり完璧。
外厩2走目の走り頃という読みまでは良かったが、
こちらも鞍上が素晴らしい乗り方ででした、素晴らしい。

3着 シュヴァルグラン
普通に走ってきました。
いつもと違う天栄ローテで疲労は抜けた、という見立てが正しかったか。
でも1頭だけ外から伸びているわけなので、強い競馬かも。
実はこれで疲労が復活…なんてことは無いよね(笑)

その他の馬も短評を。

ミッキーロケット
いつも通りの過程なので走れるとは思っていました。
上位に来るのは納得ですが、ワンパンチ足りないのもこの馬っぽさ。
レコンダイト
大山ヒルズ戻りでこちらも走れる状態。
人気はなかったですがあまり驚きはないですが、いつも5着(笑)
サウンズオブアース
うーん勝てるのここくらいだと思ったんですが…これはしばらく不要かな。

振り返り総評

走れる馬がきっちり走りました。
それ以上に騎手が抜群の仕事をしたと思います。
終わってみれば比較的堅い結果で穴馬の台頭はなく。
ひとつびっくりしたのはラストインパクトが前に行けたこと。
次どこ使うんですかね、もうひと花咲かせないかな??

あとがき!

ダノンプレミアムの取捨において、ディープインパクト産駒の生産場所に少し触れました。
なのでTFJVから、ディープインパクト産駒×生産者別成績を抽出。

※2015年以降
ダノンプレミアムはケイアイファーム産、
しっかり成績調べてみたら…良いですねえ(笑)
先入観と固定観念は時に選択を誤らせるので、
事実に基づいて考えて予想したいですね。

生産数から考えてやはりノーザンファームは素晴らしい。
ボーダーラインは勝率12.0%というところでしょうか。
下河辺牧場千代田牧場は苦戦気味??
成績が良い=育成方法を知っている→安定して活躍馬が出せる
このように思っています。
こんな着眼点を持ってみると、
◯◯産だから芝がいい、ダートがいい、距離長い方がいい…etc
色々な目線で競馬を楽しめます!
何に一番役に立つというと「一口馬主」です。これは間違いない。

今回は以上です!

この3日間の重賞はからっきし!
特に毎日王冠は当てたかったなあ…
そして、今週末は秋華賞なんですね、時が経つのは早い早い。
重賞当てられるように頑張ります(^^)

以上、3重賞回顧記事でした!

Sponsored Links