【考察】秋競馬や一口馬主に活きるかも?ノーザンファームの成績傾向は?

シェアする!

ついに秋競馬も始まりました!
トライアルからG1、有力馬の新馬戦など、年末まで突っ走ることになります。
本記事では有力馬を輩出しているノーザン系外厩に注目してみます。
一口馬主に興味のある方にも役立つかも???

Sponsored Links


その前に生産場所別成績は??

こちらです。

※芝・ダ問わず成績抽出
※2017年成績

着別度数で見ればノーザンファームの成績は抜けていますね。
ちなみに芝のみに絞ると、勝率がグンと上がります。
次いで社台、社台追分です。
余談ですが、グランド牧場はダートに限れば単回値100超えです。

NFしがらき・NF天栄の成績は?

ノーザンファームといえばノーザンファームしがらきとノーザンファーム天栄があります。
ノーザンファーム産の上記2つの外厩初戦、
そして大レースも多い芝に絞ってみます。
※TARGETにJRDBの外厩データを取り入れ、カトックにて集計したものです。
※2017年成績

ではこちら!

【芝】しがらき・天栄の成績


見てわかるように、天栄の成績が良いです。
出走回数を見ると、しがらきの方が天栄より200回多いのに、
天栄の方が勝率も複勝率も高い
ことがわかります。
単回値でも100超えなので、単勝を買い続けていれば今頃プラス収支です(笑)
しがらき成績も大したものですが、ちょっと差が出ていますね。
外厩先で走れる状態に仕上げている可能性が高いです。
もしくは、馬にとってストレスの無い環境なのかもしれませんね。

これを競馬場別で見てみると…

天栄 × 競馬場別成績

しがらき × 競馬場別成績

天栄調整馬はこの夏競馬で好成績でした。
以前の展望記事で新潟が好成績と取り上げましたが、その通りでしたね。

しがらき調整馬は場所問わず満遍なく好走しています。
東だと東京が良いですね。これは大レースが行われるからでしょう。
中山も決して悪くないので、東上してきたノーザンの馬には要注意ですね。

【芝】早来・空港

もうひとつおまけでとっておきを。その他ノーザンファーム系外厩成績です。

北海道の本家ノーザンファームで調整後の出走成績です。
※NF=ノーザンファーム早来
※空=ノーザンファーム空港

夏を休養に充てた有力馬が、このケースで好走する傾向にあります。
長期休養明けで嫌われるのか、回収率も高めです。
このパターンは、在厩2戦目成績も良いです。
今年だと宝塚記念のステファノスですかね。
穴っぽいのはここかもしれませんね。

秋競馬にどう活かすか???

ではまとめです。

・休養明けのノーザンファーム馬は狙いどき
・天栄調整馬は買いましょう(特に東開催)
・しがらき調整馬が東京中山に出走したら注意(特に東京)
・芝よりダートの方が好成績

一口馬主の場合は、この見方に厩舎別のファクターを加えるとより絞れます。
もちろん馬自体が良ければどこにいたって走るでしょうけど(笑)
厩舎別で明らかに成績が異なっているので、一口馬主を考えている方で
情報持っている方はぜひ厩舎と馬主(生産)で見てみてください。

今日はこんな感じです!
以上、秋競馬に活かす2017年ノーザンファームの成績でした(^^)

Sponsored Links


スポンサーリンク







コメント

  1. ネコP より:

    スンイチローさんのフォローできました

    検討と回顧、興味深く読ませていただきました

    今年、回収率が悪いので
    年末に向けて高めていきたく
    勉強させていただきます

    ちょくちょく、覗かせていただきます

    • カトック より:

      >ネコPさん
      はじめまして!レス遅くなってすいません(><) コメントありがとうございます! まだまだ上手く伝えられていないのですが、 少しでもお役に立てたなら励みになります! 今後ともよろしくお願いいたします!