【考察】スーパー未勝利が始まる

シェアする!

今週末から始まる中山・阪神開催の未勝利戦は、スーパー未勝利と呼ばれ
特定の条件を満たした選りすぐりの未勝利戦です。
ある意味重賞より熾烈な未勝利戦に注目してみます。

スーパー未勝利とは?

限られた条件を満たした未勝利馬です。
スーパー未勝利に出走できる馬の条件は以下のとおり。

キャリア5戦以下または前走5着以内の馬が1回だけ出走可能

そう、狭き門なわけです。
ちなみに通常の未勝利戦においても優先出走権があります。
ザックリと以下のように覚えておくと馬券に役に立つかもしれません(笑)

4節以内の前走5着以内の自ブロック所属馬
(関東=中山・東京、関西=阪神・京都)
4節以内の前走5着以内の他ブロック所属馬
(関東馬が阪神もしくは京都に出走等)

ポイントはスーパー未勝利に出走できるのは1回だけという点です。
これで3歳未勝利戦は終了なので、
格上げでチャレンジするか、障害に行くか、地方で勝って戻るか、になります。
まさにラストチャンスです。
ちなみに格上げでチャレンジから重賞勝った馬もいます。これは最後に…

どのレースを見てみましょうか?

いちばん施工回数の多いダート1800を見てみます。
何を見るか?ですが、今回は前走コースです。
データは去年のみです。

中山D1800の傾向は??


新潟1800で走っていた馬が多いですね。
ということは、休み明けより何走か使われている方がいいのかもしれません。

新潟D1800→中山D1800だとこんな感じ。
間隔は2〜4週なので、在厩で成績の良い厩舎が狙い目かもしれません。

ちょっと目線を変えてどんな走りをしていた馬が良いのか見てみます。

これは顕著ですね!
中山と新潟ではコース形態がまるで違うので、走ってくる馬の脚質も違いますね。
回収率から考えて上がりの速い差し馬が狙い目かと。これだ!(笑)

阪神D1800の傾向は??

続いて阪神も見てみましょう。同じくダート1800です。

小倉1700と札幌1700ですねえ。
なぜか芝2000からの臨戦が馬券に絡んでますね。
ちなみに…この芝2000からスーパー未勝利で馬券に絡んだ馬は、
前走先行していることが共通項です。なので差し馬はバッサリ切りましょう。

中山では間隔が詰まった馬が活躍していたので、阪神も同じ目線で…

おや?どちらかというと間隔が開いた方がいいんですね。
ということは中山とは真逆で、外厩初戦が良いのかもしれません。
よく考えてみれば、小倉も輸送ですからねえ。
地理的な面から一息入れた方がいいのかもしれませんね。

ではピンポイントで見てみると…

サンプルは少ないものの、NFしがらき初戦の馬が回収率から
穴を開けている
ことがわかります。
毎回僕が言っている「走れる状態」になっていると仮説が立ちます。
これ狙っていきましょう。

では前走脚質で見てみると…

これもクソ顕著ですね(笑)
前だけ買っていればいいのか…となってしまいますが。
これは前走小倉・札幌も共通です。ってことは先行馬買いましょう。
そして上がりが使えれば言うことなし。

どうやって馬券に反映する?

宴もたけなわ?ですがここら辺でシメましょう(笑)
簡単に分析した内容をまとめてみました。

中山ダート1800の狙い目!

・前走新潟出走馬を買うなら差して負けた馬
・レース間隔は2〜4週 ※外厩目線だと2走目
・ダート初出走は不要

阪神ダート1800の狙い目!

・前走どこを使おうが先行馬がいい
・そして上がりも使えればなおいい
・さらにノーザンファーム馬の人気薄は不当な可能性がある
・間隔はあいていた方がいい

こんな感じでしょうか!

あとがき!タツゴウゲキって実は…

ちなみに、先週の新潟記念を買ったタツゴウゲキ
実はスーパー未勝利で負けていたということを知っていましたか??

スーパー未勝利で負けて、その後の福島開催の500万下に格上げで出走。
そこで勝利を収めて今に至るわけです。
陣営は色々考えてレースを選定したのでしょう。
ラストチャンスを逃しても諦めなかったんですね、素晴らしい厩舎です。

どうしても午前中はスルーされがちですが、
本当に熱いレースが行われますのでぜひ注目してみてください(^^)

Sponsored Links