【回顧記事】今週の重賞振り返り(札幌2歳S・小倉2歳S・新潟記念)

シェアする!

今週の重賞はなんとか新潟記念でワイドがようやく!
その他重賞もそこまで遠くなかったので悪くはなかったんですけどねえ…
簡単に各レース振り返りです。

札幌2歳S(GⅢ)の振り返り

結果は以下のようになりました。

札幌2歳S展望記事で取り上げた軸2頭で決まりました!
しかしダブルシャープの能力を見誤り馬券は…
馬券はロックディスタウン、ファストアプローチの二頭軸三連複で、
道営違いでミスマンマミーア、もし走ってしまったらとクリノクーニングへ2点で撃沈。
素直に軸馬同士の馬連買っておけば良かった(T-T)

1着 ロックディスタウン
過剰人気でもなんでもなく普通に走れましたね。
少頭数ながら新馬戦のメンバー良かったと思います。
新馬勝って調整できたのが勝因だと思っています。

2着 ファストアプローチ
天栄調整され新馬で負け、北海道遠征で違う外厩先で調整されここで2着。
いい馬です。血統的にも洋芝が合っていたと思います(たぶん)

3着 ダブルシャープ
良い馬ですよねえ、いちばん強い競馬してましたよね。
去年注目された某地方馬より全然強いのでは…
ぜひ中央にチャレンジし続けて欲しい、賞金良いし(笑)

その他の馬も短評を。
シスターフラッグ
評価していなかったのでビックリ。牝馬限定ならけっこうやれそう?
クリノクーニング
初戦と調整過程違ったのがなあ…これが社台グループとの差でしょうか。

振り返り総評

いやあ大人しく馬連買っておけばよかった!
無理に欲張らず1点で良かったですね、これは反省。
走れる馬がしっかり走ったという結果なので、
展望記事はそんなに悪くなかった(自画自賛?)と思います…と負け惜しみを…

小倉2歳S(GⅢ)の振り返り

結果は以下のとおり。

混戦でよくわからん1戦でしたが、前走走った判定のアサクサゲンキが1着。
ただバーニングペスカは馬券に絡んでくれて、そこが救い…かな(笑)
馬券はヴァイザーから馬連でバーニングペスカとスーサンドンでハズレ!

1着 アサクサゲンキ
圧勝は伊達じゃない(アムロ的なコメント)ということですね。
格上げでも圧勝後は評価しよう、そういう勉強になりました。

2着 アイアンクロー
前走ホワイト騎手配置なので期待されてた馬なんでしょうね。
前走2着のレグルドールが圧勝したのでこちらもと押さえましたが軸が、ががが(笑)

3着 バーニングペスカ
舐められた人気でしたね。時計良いし上がり使えているし。
穴ならこういう馬かなと思っていましたが、ちょっと遅かったなあ。
母父ダイワメジャーという血統も仕上がり早いのかなあ…

その他の馬も短評を。
ヴァイザー
この馬軸なので馬券はハズレ。しかしなかなか不利満載でしたね。
前詰まるわ他馬に寄られるわ進路ないわ…これで4着ならむしろ大したもんで…
1200よりは1600という印象でした。これで嫌う必要はないですね。
理想ローテは、NFしがらき一呼吸置いて秋1戦勝って朝日杯、ですかね。
モズスーパーフレア
もうちょっとやれるかと思ったんですけどね、ダートで見てみたいです。
スーサンドン
閃いて最後に馬券に加えた1頭。前走0.4秒差で勝って上がり最速。
人気薄で岩元厩舎で走れる臨戦態勢。ここを買うならアサクサゲンキでしたかね。

振り返り総評

ヴァイザーが来ないと当たらないのでダメですね。
バーニングペスカまでは良かったですが、そもそも勝ち馬を評価できていない。
圧勝後の格上げ戦は評価しましょう、ですね。

新潟記念(GⅢ)の振り返り

良かった!展望記事で上げたアストラエンブレムとカフジプリンスが馬券に!
ワイド買っておいて良かったです(^^)

結果は以下のとおり。

1着 タツゴウゲキ
鮫島厩舎いつもの外厩調整で走れるとは思いましたが、
前走恵まれている方を優先してしまい切ってしまいました。
夏は勢いも大事ですという良い教訓に。

2着 アストラエンブレム
勝たないけど負けない、あと一歩足りないけど賞金は稼ぐ。
読み通りの競馬でした。鞍上も手の内知っているでしょうけど馬が走れましたね。
重賞未勝利で1番人気は、競馬玄人なら嫌いたくなると思うのですが、
しっかり評価して馬券を買えたことは僕としては満足です。

3着 カフジプリンス
終わって気づきましたがまさか12番人気まで落ちているとは(笑)
直線向いて手が動いて他の馬が先に上がってきて「終わった…」と思ったら、
残り300mくらいで2段階加速して抜かれた馬を抜き返す。まさに鈍臭い。
広いコースが良かったのでしょうかね、でも距離足りないと思う。
外厩調整後、アルゼンチン共和国杯 → 在厩でどこかG1とかどうでしょうか?(笑)
理想は外厩使ってG1なんですが…

その他の馬の短評。
ウインガナドル
よく粘りましたね!もう少し早く垂れるかと思ってました。
トーセンバジル
後ろ過ぎなのでダメですね。展開向かず度外視。
ハッピーモーメント
やっぱり初戦より2戦目ですね。次こそ買い時。
ラストインパクト
これも後ろ過ぎ。大敗ガス抜きになるかどうか・・・
ルミナスウォリアー
いくらNF天栄調整されたとはいえ、前走ヤったので今回は走らないタイミングで度外視。
ただ続戦するようなら次も不要だと思います。

振り返り総評

レース展望は概ね間違っていなかったと思います。
馬場も想定通りで、馬券に絡んだ馬は中段外目でした。
外厩初戦の馬が多かったので、次戦どこにいくのか要注目です。
続戦で注目ならトーセンバジルとハッピーモーメントですね。

あとがき

どの重賞も「走れるタイミング」の馬が結果に繋がっていました。
新潟記念では機械的にいくとカフジプリンスは落とすところですが、
上手く差し引きできて馬券に活かせたのは良かったかなと思います。

ちなみに、以前の考察記事でトリオンフを上げていたのですが
こちらも今日勝利していました。
やっぱり2走目が狙い時だったようです。

古馬重賞も2歳重賞でも、今の狙い方が活きることを再認識できたので、
秋競馬に繋げていきたいと思います。

以上、重賞回顧記事でした!

Sponsored Links