【回顧記事】今週の重賞振り返り(キーンランドカップ・新潟2歳S)

シェアする!

キーランドカップ(GⅢ)と新潟2歳S(GⅢ)が行われましたが…今週も重賞馬券はハズレました!
振り返りこそ成功への近道のひとつだと思っていますので今回も少しでもやっていこうと思います。
では記憶が鮮明なうちに!

キーランドカップ(GⅢの振り返り

結果は以下のようになりました。


けっこう名前上げた馬が上位を占めているんですよね…と言い訳を(笑)

1着 エポワス
ルメールが地雷だと思ってました。しかし藤沢厩舎×ルメールは今年のトレンド!と思い
考え直して相手に据えたのですが、激走お見事でした。
ファンタストクラブの2走目なので割り引いた(ヒルノデイバローも同様)んですが
ここは厩舎力&個体評価なのでしょう。厩舎がノっている時は買いという良い勉強です。

2着 ソルヴェイグ
早い時計展開なら残るかなあと思い、時計掛かるだろうと踏んで切りましたが
そもそも前に突っかけていく馬がそんないませんでしたね。
上がりも4位ですから、頑張りましたが展開は楽だったかもしれません。

3着 ナックビーナス
軸にするか迷いました…外厩先が今回だけ異なっていて、
今年の厩舎×外厩の成績だと一度も馬券に絡んでいない調整過程。
しかしナックビーナスにとっては初の調整過程なので、崩れるか判断が難しかったです。
再認識できたことはこの馬は強いということです。

4着 フミノムーン
この馬が僕の軸でした。
小松トレセンの2走目、厩舎×外厩で芝に限れば走れる調整過程です。
ここで走らなければいつ走るのか、とちょっと自信あったんですが届かず。
大外ブン回しでしたんで屋根が…ゴホゴホ
たぶんバレてない臨戦過程ですねこれは。

5着 ライトフェアリー
頑張りましたね!これも走れるタイミングです。
厩舎得意の間隔でした。人気以上に激走したので見方は間違っていなかったと前向きに…

その他の馬も少しだけ。
モンドキャンノ
まさに想定通り、買い時は次走以降だと思います。
メイソンジュニア
発汗してましたからねえ、在厩でももう一回走れると思うので次走注目。
ヒルノデイバロー
やはり前走が100%でしたね。走れるタイミングではなかったです。

概ね見方は間違っていなかったですが、馬場読み失敗ですね。
そしてトレンドは押さえるべき。
しかし…低迷している路線ですねえ。

新潟2歳S(GⅢ)の振り返り

続いて新潟の重賞も。同じく結果をTFJVにて。


1着 フロンティア
今回の軸馬。まさに展望の通り、走れる絶好の調整。時代はノーザンですねえ。
これで賞金稼げたのでゆったりローテで行きましょう。

2着 コーディエライト
これも走れるタイミング、しかし鞍上でどうかなと思って下げてしまいました。
そういう問題じゃなかったですね、新潟で外枠入って走れるなら買えと(笑)
次走は馬体維持で。

3着 テンクウ
強かったのはこの馬じゃないでしょうか。厩舎力も高そうですし注目です。
次走どんな調整過程でも勝ち負けだと思います。

4着 エングローサー
これが相手。今週妙にノースヒルズの馬が穴を開けていたので
大山ヒルズ初戦で成績出ている厩舎ということで妙味あるとして相手に。
惜しくもない4着ですが、走れるタイミングだったこその4着とも。
次走もう一回いけると思います。

その他の馬も少しだけ。
プレトリア
去年までは良かったんですよね阿見トレセン、今年はイマイチ成績上がらず。
でもいい馬です。
シンデレラメイク
意外とエンジン掛かるのが遅く、伸びたのは一瞬だったかなと。
平坦より坂でしょうか、右回りも見てみたいです。
ムスコローソ
これは案外でしたね。走れるタイミングだっただけに残念。
とはいえ2歳馬ですし、次走もう一回見てみたいです。

的中できず悔しい!当てたかった(笑)
古馬でも若駒でも走れるタイミングの見方は通用するので
意外と万能なのかな?と勘違いし始めています(笑)
課題は個体評価ですね、ここを見る眼がまだまだでございます。

あとがき

Twitterで仲良くして頂いているフォロワーさんの一口出資馬が相次いで勝利していました。
レッドマジュールにインビジブルレイズ、おめでとうございます(^^)
インビジブルレイズはノーザンファーム空港で見学もしていたので、
個人的にも嬉しい2勝目です、出資すれば良かったなあ(笑)

以上、重賞回顧記事でした!

Sponsored Links