【考察】札幌開催の傾向は?

シェアする!

今週は札幌記念も行われ注目度が高いであろう札幌競馬場。
以下の記事で新潟開催の傾向を見てみましたが、今回は札幌に注目してみます。

札幌開催の傾向

新潟と同様にまずは騎手別で成績を確認してみましょう。

札幌開催を騎手別で見てみると?

ちなみに…僕は分析を行う時には必ず芝とダートを分けて調べます。
馬だけではなく、人にも得意不得意があるからです。
TFJVをお持ちの方はぜひ様々な角度で調べてみることをオススメします。

芝の傾向


ルメール騎手無双状態ですね(笑)
次に池添騎手、なんと複勝ベタ買いで回収率100%超えです。
先日復帰した三浦皇成騎手すばらしいですねえ、人気薄持ってきていましたし注目ですね。

あまりにも大活躍のルメール騎手を生産者別で見ると…

新潟の戸崎騎手と同じくほぼノーザンファームです。
基本1800m以上1200mは勝ち鞍無し。
勝利はないものの、社台ファーム産の馬も複勝率は超優秀です。
要するに主にクラブ馬です。単勝回収率が高くないので頭より連軸がいいかもしれません。
ルメール騎手×ノーザン(社台)は押さえましょう。
ちなみに、池添騎手はノーザン産ではなく幅広になっています。
社台の複勝率が100%です。

ダートの傾向


こちらもルメール騎手なんですが、2番手以下が変わります。
複勝率だと四位騎手木幡初騎手あたりが優秀ですね。(木幡騎手は回収率がエグイ)
乗鞍数は少ないですが岩田騎手に至っては連対率100%かつ複勝率100%です(笑)

ではこちらもルメール騎手見てみましょうか。

芝とは打って変わってノーザンだけではなく散らばっています。
なお、距離で分けると1700mですね。1000mはイマイチかも?
いちばん上に来ているグランド牧場ですが、グランド牧場といえばダートだと思っています。
先日デビュー戦をブッちぎったハヤブサカマオーもそうですね。

岩田騎手の連対率100%ですが、ひとつ共通点があります。
全部1700mです。
ちなみに、1000mで異様に成績いいのが城戸騎手です(2-1-0-2/5)

どうやって狙えばいい?

こういう時はシンプルでいいのではないかと思います。

芝で選ぶなら?

・ノーザンファーム×ルメール騎手は芝なら中距離以上連軸で買い。
・妙味を狙うなら頭は別の馬。短距離は疑う。
(芝でノーザン以外の馬に乗ってきたら馬券から外す、これでも妙味ありそうです)
ちなみに、距離で見ると池添騎手は1200〜1800です。

ダート

・芝同じくノーザンファーム×ルメール騎手は良いが1700mで。
・1000mなら他の騎手(城戸騎手)を軸にした方が妙味あり。
・岩田騎手は1700mで買い。

追記
なお、新潟と同様にノーザンファームの馬は天栄戻りの馬が成績優秀です。
間隔を開けてきている場合、狙って出走している可能性あるので記憶の片隅にぜひ!
ノーザン系の外厩戻りはダートではなく芝です、これがポイント(^^)

以上です!
該当する馬がいたら、買ってみようかと思います。

最後にひとつ!

「ダートはグランド牧場」で余談ですが、弥生賞を勝ったカデナはグランド牧場です。
ダート馬を排出する産地から芝の一流馬、そして難しそうなディープ産駒
これって異端だよなあと勝手に思っています。
と同時に、クラシックの頂点にいるイメージも湧かなかったので、
トライアルから本番まで馬券は1円も買っていませんでした。

一口馬主をやり始めてから、外厩や生産地との特徴を調べて色々と知識が増えた気がします。
生産地別で調べる方法は、馬の特徴が現れるのでオススメです(^^)

今日はここまで!札幌の傾向考察でした!